2018年09月01日

ブログ企画【繋】第73回テーマ「カメラロールの最新の一枚、嘘つかないで教えて!」

毎度の事だが、早いもので 今日から9月、
毎月1日恒例のブログ企画【繋】
今月のテーマは〈こいぬまめぐみ〉さんからのお題で
「カメラロールの最新の一枚、嘘つかないで教えて!」
…との事である。

《…こんばんは、こいぬまめぐみです。残暑お見舞い申し上げます。
連日の猛暑ですが、皆さま平成最後の夏をいかがお過ごしでしょうか。
わたしは先日、調剤薬局で順番待ちをしていたら店内の有線が耳に入り、その中での企画が面白かったので、これはぜひブログ企画【繋】でもやりたい!と思い持ち帰ってきました。その企画はこちら。
「カメラロールの最新の一枚、嘘つかないで教えて!」
今回はこれを9月のお題といたします。
記事執筆時のカメラロール(携帯電話の写真フォルダ)の最新の一枚を公開していただき、その画像の解説なども合わせてお願いいたします。
はいそこー!選ばないー!嘘ついちゃだめでーす!
皆さまが切りとった一枚を拝見できるのを、楽しみにしております!…》

これはまた、超変化球なお題である。
このお題主の《こいぬまめぐみ》さん…
昨年の 8月から このブログ企画に参加しているのだが、
ただ者ではない…なかなかの才人である
読み物としては退屈な ただの日記の垂れ流しようなブログが多い中、
言葉選びや構成、思いもかけない角度からのテーマの捉え方など、
彼女のブログは非常に読み物として面白く、物書きとしての素晴らしいセンスを感じさせる。

そんな《こいぬまめぐみ》さんが選んだ今回のテーマ…
正直に…嘘つかないで…とのこと。
ということで、ipadの写真フォルダーの中の最新のものが これである。
(私の場合 未だにスマホではなくガラケーを使っているのだが、ガラケーでは写真はあまり撮らない。写真を撮る時は 主にipadの方を使っている。)

image.jpg

これは8月13日(月)、埼玉県は秩父 長瀞駅を降りてから、線路沿いの風景を撮ったものである。
(最新の写真にしては時間が経ち過ぎていると思われるかもしれないが、日常 あまり練馬近辺から出る事もなく 写真を撮る機会も殆ど無いため、実際 これが最新のものなのである。)

この日はお盆ということで、、長瀞町にある私の奥さんの実家での法事に参加する為、早起きして 遠く長瀞町まで出かけたのであった。
折しも前日、うちのお店は大きなライブが入っていた為、後かたずけに時間がかかってしまい 自宅に帰り着いたのは午前2時近くであった。
長瀞へ午前9時到着を目指していたので、午前6時半には家を出なければならない。
結局 私は一睡もせず、思い切り疲れを引き摺ったままで出発する事になってしまった。
行きの電車の中で寝られれば良かったのだが、こう見えて結構デリケートな性分で
疲れてはいるのだが寝付けもせず、長瀞に到着。
そのまま線路沿いを一人トボトボ歩いている時、何となく撮った写真がこれである。
(ちなみに うちの奥さんは仕事の為、法事には不参加、私は一人 長瀞へ向かった次第である。)

まあ、とりたてて意味のある写真ではない。
まさか、今回 このようなブログテーマになるとは思いもよらず、
何となく 田舎っぽくて良い風景だな…などと思い撮影しただけのものだ。

ついでなので この写真の前に2枚ほど撮ったものも載せておこう。

image.jpg

image.jpg

さてさて、秩父 長瀞といえば 景観豊かな風景と、渓流ライン下りや天然氷のカキ氷などでも有名な観光地である。
奥さんの実家は長瀞駅から歩くこと15分、おそらく江戸時代初期から現代まで、代々農家をやってきたという家系である。
実家の建物は明治時代くらいに建てられたのではないか…? といわれている古い家屋である。
写真を撮っておかなかったのが悔やまれるが、なかなかに風情のある古民家のような佇まいだ。

さて、午前中には坊さんがやって来て お経をあげてくれる予定との事で 到着を待っていたのだが、待てど暮らせど これが一向に来る気配もない。
お寺に電話してみたところ、お盆の繁忙期なので 何時に行けるか 、今日行けるかさえわからない…などという始末である。
いやいや、いくら何でもそれは無いだろう。
こちらだって忙しい中 時間を割いて親戚一同が集まっているのである。
田舎町の事とはいえ、時間の予定くらい しっかり決めておくのは常識だろう。

しかも、今回 非常に困ってしまった事がもう一つあった。
しばらく前から 実家のトイレが故障していて使用する事が出来無いらしく、昔 農作業の際に使っていた屋外のトイレを使ってくれ…というのである。
これがもう、何というか 地面に穴を掘っただけのポットン便所の周りをブロック塀で囲っただけで電気も付いて無いような代物である。
夜中は懐中電灯を持って行き暗がりの中 用を足すらしいが…
無理だ!田舎のキャンプ場でも もうちょっとマシだろう。
私は広島の田舎町で育ってきたが、さすがにトイレは家の中にあったし、7歳の時から水洗トイレであった。
正直 この程度の事が耐えられない様では、サバイバル生活など絶対出来ないだろうが…、すいません、自分 軟弱者でした。
昔から胃腸が弱かったもので 1日に何度も何度もトイレに入る虚弱体質である。
前日から一睡もしていないという状況に加え このトイレプレッシャーに完全に打ちのめされてしまい、私はいつ来るかわからない坊さんを待つ事も出来ず、用意されていた仕出し弁当を食べた後、お昼過ぎ早々に帰途に着いたのである。
一体 朝早くから はるばる長瀞まで何をしに行ったのか…?
全くもって情けない次第であった。
(ちなみに 坊さんが来たのは夕方遅くなってからの事であったらしい。)

さてさて、これが この写真に関するエピソードである。
自分で書いておいて言うのも何だが、《だからどうした…?》という話だ。
こういったテーマを受けて、何でもない様な事を面白い読み物にして行ける人こそが、物書きとしての才能を持った人なのだろうが…
自分は その器では無い事を あらためて実感する今日この頃である。


さてさて、ブログ企画【繋】は 毎月1日に、
参加メンバー全員が共通のテーマでブログを書くという企画です。
他の皆さんのブログも是非ご覧になってみてください。

ブログ企画【繋】参加メンバーのブログ

「内田祥文のKeep Hope Alive♪」
http://ameblo.jp/uchida-shobun/

peixe grande take
https://ameblo.jp/peixe-grande

津軽三味線山中信人の朝刊・夕刊〜
http://ameblo.jp/nobu483/

鈴木NG秀典(すずきんぐ)「鈴木NG秀典ーだー。のブログ」
http://ameblo.jp/suzuking-ramen/

モリミカのブログ
http://ameblo.jp/mmika0716/

こいぬまめぐみブログ
https://note.mu/koinuma_megumi

minaさんのブログ
https://ameblo.jp/minaquiche/



posted by ありのぶやすし at 23:58| Comment(0) | ブログ企画「繋」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

ブログ企画【繋】第72回テーマ「災害」

image.jpg

毎度の事だが、早いもので 今日から8月、
毎月1日恒例のブログ企画【繋】
今月のテーマは広島県在住の〈モリミカ〉さんからのお題で「災害」との事である。

さて ご存知の通り、先月5日から8日にかけて西日本を中心に襲った記録的な豪雨により、広島 岡山 他 広い地域において 大変な被害がもたらされた。
広島 岡山といえば 私の故郷の街であり、
ニュース等で目にした現地の悲惨な状況には本当に胸が詰まる思いである。
今回 被害に遭われた方々には 心からお悔やみを申し上げたい。
…などと書きつつ、思うのである。
なんと心のこもっていない言葉であろうかと。

今回の水害について ニュース等で観るにつけ、
あまりの被害の大きさ 深刻さに心を痛めているのは事実である。
しかし、だから何をした…?
そう問われると 何もしていない…というのが現状である。
この猛暑の中、現地で救出・復旧作業をしている人達、
ボランティアで現地入りして頑張っている人達…
本当に頭の下がる思いである。
しかし、だから自分は何をした…?
私は何もしていないのである。

《本当に胸が詰まる思いである。》
《心からお悔やみを申し上げます。》
何と軽い言葉であろう…。
本気で そう思うのなら、全財産を投げ打って寄付でもしたらどうだ?
仕事を辞めて、現地に飛んで、朝から晩まで無償で働いたらどうだ?
被害に遭った人達の中には、家も家族も仕事も…
何もかも失くした人も沢山いるだろう。
その人達の苦しみを思えば、持ちうる全てを投げ出し捧げても良いではないか。
私に それが出来るか?
出来はしない…出来るはずもない。
ゆえに思うのだ…私は《偽善者》だと。

7年前、東日本大震災の時もそうだった。私は何もしていない。
ストリートライブで集めた僅かのお金を赤十字に寄付したくらいである。
その時でさえ、被害地域の悲惨さを見ても 何ひとつ行動を取れない自分への言い訳の様に、ストリートライブで募金を集めたに過ぎない。
こういった悲惨な災害を突きつけられるたびに思うのだ。
全てを捨てて捧げる覚悟が無い私は《偽善者》であると。

私の持つ沢山の書籍やコレクション、ギター・レコード・CD等…
全てを売ってお金に変えれば何十万かの金が出来るだろう。
本気でお悔やみ申し上げたいなら 今すぐ全て売り払って、
その全額を寄付すれば良いではないか。
なのに出来ないのは何故だ?
結局は、今の生活、仕事、家族、長年かけて手にしてきた沢山の物達…
これら全てに対する愛着が強く、それを捨てる事が出来ないだけだ。
テレビのニュースで被害者の悲惨な現状を見て心が痛む…
…などと言っても、結局は自分が大事なのだ。
《災害》は私に、自分の《偽善》を突き付けてくる。
心が痛いのは、その《偽善》を突き付けられ 刺されるからだ。
別に《災害》に限った話では無い。
世の中の全てにおける 悲惨な現実を突きつけられる度に
改めて それを思い知らされるのだ…。

image.jpg

さてさて、ブログ企画【繋】は 毎月1日に、
参加メンバー全員が共通のテーマでブログを書くという企画です。
どうやら、今回から新しいメンバーが参加されるとの事…
他の皆さんのブログも是非ご覧になってみてください。

ブログ企画【繋】参加メンバーのブログ

「内田祥文のKeep Hope Alive♪」
http://ameblo.jp/uchida-shobun/

peixe grande take
https://ameblo.jp/peixe-grande

津軽三味線山中信人の朝刊・夕刊〜
http://ameblo.jp/nobu483/

鈴木NG秀典(すずきんぐ)「鈴木NG秀典ーだー。のブログ」
http://ameblo.jp/ramen-kuitee/

モリミカのブログ
http://ameblo.jp/mmika0716/

こいぬまめぐみブログ
https://note.mu/koinuma_megumi

minaさんのブログ
https://ameblo.jp/minaquiche/
posted by ありのぶやすし at 15:06| Comment(1) | ブログ企画「繋」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月01日

ブログ企画【繋】第71回テーマ「ルール」

image.jpg

毎度の事だが、早いもので 今日から7月、
毎月1日恒例のブログ企画【繋】
今月のテーマは〈すずきんぐ〉さんからのお題で「ルール」との事である。

「ルール」…?
これはまた 難題だ。つかみどころが無い…。
仕方がないので 例によって 困った時は辞書で意味を調べてみる。


ルール(rule)

規則。規定。きまり。「ルールに従う」「ルールを無視する」「ルール違反」
出典 〜小学館デジタル大辞泉〜

うん、当たり前すぎて何の参考にもならない…。
これでは埒があかない…今回はゆっくりブログを書いている時間も取れない忙しい状況なので、とりあえず思いつく事をダラダラと書いてゆく。

そもそも「ルール」(規則)とは何の為にあるのか?
一般に人が生きてゆく中では沢山のルールが存在する。
法律で定められている様々な決まり事、
国民の三大義務って何だっけ?
教育、勤労、納税…
子供に教育を受けさせて、労働して、税金を払う…ということか…?
他にも、犯罪に関する法律…選挙に関する規定…商取引での細かい取り決め 等々…
つまりルールとは 人が生きてゆくうえでの取り決めごとであり、
互いにそれを守る事によって円滑に生活して行けるように定められたものである。
ゆえに基本、「ルール」を守らない場合は何らかの罰則があるのが普通である。
似たようなもので「マナー」とか「礼儀」というものもある。
しかし、こちらは 守らなかったからといって罰則があるわけではない。

さて 一般に日常生活において「ルール」というものを最も意識するのはスポーツの場面であろう。
野球、サッカー、ラグビー、バレー、テニス、etc…
全て明確で細かいルールが定められている。
しかし近頃 このスポーツの世界において、ルール…というかスポーツマンシップ的な問題があれこれ起きて、何かと世間を騒がせているようだ。
先ごろ大きな話題になった日大アメフト部の悪質タックル事件など最たるものだ。
あれは明確なルール違反なのは誰の目にも明らかなのだが、あの監督はいまだに
〈その様な意味合いで指示を出したのでは無い〉などと言い逃れをしているようで実に見苦しい。
〈ルールの範囲内でやるというのは言わなくてもわかるだろう〉…とも言っていたようだが、何だろう…どうにも煮え切ら無い。

また、つい先日のW杯において、日本チームが決勝トーナメントに出場するために 試合は負けているにも関わらず後半を徹底したパス回しで凌いだ戦法も 随分と非難を受けたようだ。
こちらは別にルールに違反しているわけでは無い。
それでもこれほどの批判を受けた理由は、それがスポーツマンシップとしてどうなのか…という疑問を起こさせるからだ。
これなどはルールでは無くマナー、礼儀の問題だろう。

この日本チームの闘いを見ていて ふと思い出したのは、今から26年前の1992年夏の甲子園、当時星陵高校の松井秀喜選手が2回戦の明徳義塾高校との試合で受けた5打席連続敬遠である。
これは当時かなり大きな社会問題となった。
これもまた決してルールに違反しているわけでは無い。
しかし、勝つためには手段を選ばないという戦法は果たしてスポーツにおいて正しいのだろうか?
結果が全てだという考え方もわかる…、しかし それでいいのか?
そもそもスポーツとは何だ?ただ勝てばいいのか?
大切なことは正々堂々と礼節をもって 力の限りプレーすることではないのか?
日大アメフト部も 日本代表サッカーチームも 昔の明徳義塾野球部も、
勝つことに捕らわれ過ぎて 何か大切なものを見失ってしまった…
そのように思えてならない。

さて、話しが少々横道に逸れてしまったのだが、もうそろそろ日付が変わってしまう。
中途半端な内容になってしまったが、今回はこれで終わりとさせて頂く。
毎月1日にブログをUPする…、これもこのブログ企画の大切なルールである。

image.jpg

さてさて、ブログ企画【繋】は 毎月1日に、
参加メンバー全員が共通のテーマでブログを書くという企画です。
他の皆さんのブログも是非ご覧になってみてください。

ブログ企画【繋】参加メンバーのブログ

「内田祥文のKeep Hope Alive♪」
http://ameblo.jp/uchida-shobun/

peixe grande take
https://ameblo.jp/peixe-grande

津軽三味線山中信人の朝刊・夕刊〜
http://ameblo.jp/nobu483/

鈴木NG秀典(すずきんぐ)「鈴木NG秀典ーだー。のブログ」
http://ameblo.jp/ramen-kuitee/

モリミカのブログ
http://ameblo.jp/mmika0716/

こいぬまめぐみブログ
https://note.mu/koinuma_megumi
posted by ありのぶやすし at 23:57| Comment(0) | ブログ企画「繋」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする